トップ / 歯肉炎の症状とは何か

歯肉炎の症状とは何か

歯肉炎は歯科で予防

歯肉炎の症状と治療法

歯周病の治療は症状の進度に関わらず、まず歯周病の原因となる歯垢や歯石の除去や歯の噛み合わせ調整等の歯周基本治療が行われます。この時に行われる歯垢の除去のことを「プラークコントロール」といい、これは基本的に患者が自宅でのセルフチェックとなりますが、歯科医院では機器を使用して行う場合があります。また、症状の進行に伴って歯が動いてしまい、その歯でものを噛んでしまうと負担が増してしまいます。そのような歯の負担を軽減する為に歯を削ったりして噛み合わせの調整を行います。

歯科,抜歯

インプラントについて

インプラントは入れ歯ではなく、外科的手術を行い、自身の歯のような感覚で生活ができる治療法です。病気や老化の進行により永久歯を多く失うと、審美性だけでなく歯の本来の役割である食物の咀嚼や消化の機能に支障が出てきます。そこで、一般に治療されるのが人工的に歯を入れる治療ですが、通常では、入れ歯や差し歯の治療です。インプラントは欠損した部分に金属を入れ、差し歯をつけるため、永久歯さながらの審美性や機能があるため、近年治療を行っている歯科医院が増えています。

↑PAGE TOP