トップ / 歯科の口腔外科の分野について

歯科の口腔外科の分野について

歯科の口腔外科の分野

歯科における口腔外科の分野とは

歯科には歯医者や口腔外科などの分野がありますが、それぞれ対象としている人が違います。具体的には、口腔外科は歯科の中でも、舌や口腔内のがんなどの病気を取り扱っています。ここでは化学療法や放射線療法、薬物療法などを用いて、がんなどの病気を治療することや、症状を改善することを目的としています。そのため、歯医者のように歯や歯茎、顎関節で困っている人たちがかかる場合とは異なります。歯医者では虫歯や歯肉炎などの病気を治療するところなので、受診する際にはそれぞれの特徴を良く知った上で病院を選ぶことが重要です。

歯科,抜歯

口腔外科とはどんなところか

何か口の中で問題がある場合、ほとんどの人が一般の歯科医院に行きますが、大学病院など大きなところでは口腔外科があるところがあります。インプラントのための手術や歯茎に埋もれている親知らずの抜歯はもちろん、顎の骨折や変形、受け口改善の手術、腫瘍の手術、唾液腺の疾患など、歯や歯茎だけではなくその周りの組織の治療を行うことができるのです。口の中は様々な疾患が出たり、事故などで顔の変形が起こることがあります。歯科医院で治療ができない症状は専門の先生がいる口腔外科で治療をすることで効率よくきれいに治すことができます。

↑PAGE TOP