トップ / 口臭が気になったら歯科へ

口臭が気になったら歯科へ

歯科で相談しよう

歯ぎしりに対する歯科治療

歯ぎしりの症状を抱える人が増えています。歯ぎしりの原因には大きく分けると2つあります。1つは噛み合わせの問題、2つ目は精神的な問題です。このうち、歯科医が治療するのは前者の噛み合わせに関する治療です。方法としては、ぶつかる歯を削ったり、噛み合わせを整えるために被せ物をしたり、矯正治療を行います。そのほか、マウスピース(ナイトガード、スプリント)を装着させて、歯がぶつかり合わないようにします。自分の症状に合ったマウスピースを選びたいならば担当医に相談してみたほうが良いでしょう。

歯科,抜歯

歯科に行ったほうがよい症状とは

歯科に入った方がよい症状は、歯がズキズキする、しみる、噛むと痛い、歯が浮く、歯茎がはれた、血が出る、膿が出る、詰め物や被せ物がとれた、歯が欠けた、抜けた、折れた、歯が動く、ぐらぐらする、入れ歯があたって痛い、入れ歯が壊れた、口内炎などができた、口臭が気になる、口が開きにくい、あごを動かすと音がするなどの症状があった場合、放っておいたら大変なことになってしまう可能性があるので、しっかりと歯科に行って治療することが大切です。時間が経たずに行くことが早く治すためには必要です。

↑PAGE TOP