トップ / 削らない歯科治療について

削らない歯科治療について

削らない歯科治療

削らない歯科治療と保険の適用

歯科治療といえば電動ドリルで歯を削るイメージですが、中には歯を削らないで治す治療法も存在します。普通の治療法では虫歯の患部全体を削ることで虫歯を治療するのですが、そのような治療法では患部にいる虫歯の菌を殺すことで、削らずに虫歯の進行を止めて歯の機能を回復させるのです。このタイプの歯科治療ではオゾンを使って菌を殺すものと、薬剤を使って菌を殺すものがあります。前者を日本でやっている病院は非常に少ないので、日本で受けるとすれば後者です。削らない治療には神経を取らなくてすむというメリットがありますが、保険がきかないというデメリットもあります。

歯科,抜歯

削らない歯の治療の方法

「虫歯が出来たら患部を削って詰め物をする」というのが一般的な方法でしたが、現在は歯科治療の方法も進化しており、大切な歯を削らないで病気だけを治すというのが一般的になっています。推奨する方法は各医療機関によっても異なりますが、中には虫歯菌を殺菌する効果が期待できるセメントを使用している所もありますので、削らずに埋めても虫歯が進化するということはありません。歯科医院に設置されている「歯を削る機械の音が苦手」という方も、この治療法なら削る機械は使わないので安心ですし、冷たい物や熱い物を食べた場合でも歯にしみにくいという特性を持っています。

↑PAGE TOP