トップ / インプラント治療の失敗

インプラント治療の失敗

インプラントの失敗

インプラント治療の失敗例

インプラント治療はメリットばかりではなく失敗例もあります。そのほとんどは術前の診断を十分に行わなかった事によるもので、顎の骨の量が十分でないのに治療をしたり、狭いスペースに無理やり歯を埋め込んだ例もありますので、事前にきちんと説明を受けたうえで施術に踏み切らなくてはなりません。また高額な費用が取れる事から、十分な技術がないのにインプラント治療に取り組む医師もいるのが現状なので、カウンセリングの段階でこれまでどのくらいの治療に成功しているかを尋ねてみると、経験の少ない医師を見抜けます。

歯科,抜歯

インプラント治療とは

インプラント治療とは人工の歯根を入れて歯を取り戻すことができる施術であり、口元の様々な悩みから解放されることができる治療法です。人工の歯を上にかぶせるだけでなく、根本から入れることで自分の歯のように使える人工の歯を手に入れることができます。歯を失ってしまうと、入れ歯やブリッジなどの治療を受けることになりますが、それでは何かと不都合が出てきます。歯は全身の健康とも関わっていますし、しっかり噛めることは喜びに繋がります。インプラント治療であれば、しっかりと噛むことができる歯を手に入れることができます。

↑PAGE TOP