トップ

歯科の治療と抜歯について

歯科の治療と抜歯

歯科で抜歯を予定している場合

歯磨きをする上でどうしても厄介な存在である親知らずは、現代人の多くが綺麗にまっすぐ生えてくることが無く斜めになって生えてしまったり、綺麗に生えないことにより横に生えている歯に悪い影響を与えてしまう場合があるため、きちんと抜歯をしないと歯並びがゆがんでしまったり、虫歯になってしまう危険があるため出来るだけ早めに歯科に通う事が大切になります。しかし抜歯となると本数によっても入院が必要な場合も出てきてしまうため、比較的大きな総合病院に入っている歯科に相談することによって、複数の医療機関に行く面倒がなくなりますので便利です。

歯科,抜歯

抜歯をするかどうかの有無

歯科医院での治療といえば虫歯や歯周病だけでなく、歯並びを治す矯正や歯の色を白くするホワイトニングなどもあります。虫歯や歯周病がひどくなったり、矯正で必要な場合は抜歯を行うこともありますが、できるだけ避けたほうが良いのです。将来的に入れ歯やブリッジの治療をする場合、一本でもあると安定が違います。今ではできるだけ抜かない方針の先生が多くいますが、よほどひどい虫歯などの場合以外は保存して将来のために残しておくほうが良いのです。歯科医院はなかなか足が向きませんが、悪いところがあれば早めに治療をすることで抜歯のリスクを減らせます。

↑PAGE TOP